Hatena::Groupatokdirect

高見知英のATOKダイレクトプラグイン日記

2009-04-26

プラグインを自動インストールするUWSCスクリプトを作成してみました

| 19:17

ATOKダイレクトプラグインを作成中、実際にプラグインATOKインストールして試すというケースは良くあると思います。

そのとき毎回毎回SETUP.EXEを起動してインストール処理を行うというのはとても面倒。なのでUWSCスクリプトを書いてみました。

# 考えたあと、ファイルだけコピーすればはやいんじゃない?という気もしましたが、まあATOKライブラリローディングのタイミングがどこであるかもわからないし、とりあえずこれで。

DIM _dir = COPY(PARAM_STR[0], 1, POS("\", PARAM_STR[0], -1))
EXEC(_dir + "SETUP.EXE")
DIM _iddlg = GETID("使用許諾契約")
IF _iddlg <> -1 THEN SCKEY(_iddlg, VK_ALT, VK_A)
_iddlg = GETID("ATOKダイレクト プラグインのセットアップ")
SCKEY(_iddlg, VK_SHIFT, VK_TAB)
SCKEY(_iddlg, VK_SPACE)
SCKEY(GETID("ATOKダイレクト プラグイン セットアップ"), VK_ALT, VK_Y)
_iddlg = GETID("ATOKダイレクト プラグインのセットアップ")
SCKEY(_iddlg, VK_ALT, VK_S)
_iddlg = GETID("ATOKダイレクト プラグイン セットアップの完了")
SLEEP(1)
SCKEY(_iddlg, VK_RETURN)

これを適当な場所に保存、テキストエディタのツール呼び出しから、編集中のスクリプトディレクトリパスを引数として渡すようにすればOKです。

たとえばうちで愛用のGinnieの場合

ツールの場所
UWSCのパスを指定します
作業フォルダ
空で構いません
パラメータ
(保存したUWSファイルのパス) %d

という感じです(Ginnieで%dは編集中ドキュメントのフォルダパスに変換される)。

# お使いのテキストエディタにそういう機能がない場合は、2行目あたりのSETUP.exe呼び出し処理あたりを適宜調整して下さい。

トラックバック - http://atokdirect.g.hatena.ne.jp/TakamiChie/20090426